持たない自由

3ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。
ウィズコロナの時期だけに、
ご心配のお声がけをいただくこともありました。
すっかりごぶさたしてしまい、申し訳ありません。

ちょっと前に引っ越しをしたのです。
私は東京で賃貸住まいをしていまして、
どちらかといえばシンプル、コンパクトな暮らしを
しているつもりでしたが、いざ引っ越しとなると、
いつの間にか増えた荷物の量にびっくりしました。

ちょうどステイホームの自粛期間でしたので、
世界のニュースに耳をそばだてながら、
せっせと片づけをしているうちに、
思い切ってモノを減らそう、と決意し、
長年コツコツ集めてきたアンティーク雑貨や
読み返す予定のない本、棚を飾るだけの器など、
譲ったり、売ったり、処分したり、
大胆に減らし始めました。
勢いよく育ってくれた植物たちの鉢も、
それぞれ新しい家に養子に行ってくれました。

別れる時には、いろんな思いがよぎって胸がチクッと
することがあっても、手放してしまったあとでは、
ホッとして解放感に満たされます。
エネルギー的にもスッキリ軽やかになります。

私はもともと、色柄や複雑なデザイン、文字など
情報の多いものが目に付くところにあるのが苦手なため、
汚部屋だったわけでもないのですが、
それでもいつの間にか、主従関係が反転するほどに、
モノたちのエネルギーに支配されていたのだと
気づかされます。

持ち物を半分くらい減らして引っ越してからも、
佐々木典士さんの著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」
を読んで共感し、またいくつか収納家具を手放し、
徹底的な整理に入りました。

いつか使える、まだ使える、高かったし、
思い出があって捨てられない、いまいち使いづらい…
そんなこんなでしまわれて、
半ば存在さえ忘れ去られていたモノたちを
光の元に引っ張り出して、見つめてみます。

ときめかないモノは捨てる、というご指南で
ベストセラーになった本も以前読みましたが、
そのあたりの判断が、どうも私にはうまくできません。

それでも「かつて」と「いつか」のエネルギーに
感謝してお別れをしよう、と潔く決めて作業していくと、
これが自分にとって、思いがけず意味深い
ヒーリングになっているということがわかってきます。
モノを手放すことで完了し浄化できることは、
想像以上に多いのです。

こういった作業は誰にとっても有効とは限りません。
すすめたり、すすめられたりするものでもないと思います。
人それぞれ、その時々のライフスタイルがあり、価値観があります。
でも部屋や装いというのは、ウソ偽りなくその人を表していて、
今回私は、自分に恥ずかしくなるくらい、まざまざと
それを思い知ることになりました。

いま役にもたたない過去や未来の幻影に
時空間を占拠され、雑多なエネルギーに
さわさわ乱されていたのは、
無秩序な心そのものが映し出されているからでした。

そしてシンプリスムとかミニマリスムといった、
合理的かつ美しいフィロソフィーよりも、
これはもう完全に終活だ、という気になりました。

そう言うと、周囲の優しい人々は眉をひそめ、
縁起でもない、とたしなめてくれるのですが、
本気でそんな神妙さも口実にして、
ありとあらゆる執着を手放していくごとに、
意外にもエネルギーは活性化し、
ますます軽く、生き生きとしてきます。

たしかに粛々と終活していたはずなのに、
うっかり生まれ直しちゃった、みたいな、
つるんとした感覚が、新鮮な驚きです。

スピリチュアルに関心ある人々の間では、
スペースを空けると新しいモノゴトが入ってくる、
人生が好転する、という説も聞かれますが、
実際には、そういう動機や目的から
ミニマムな暮らし方を続けられる人は
少ないのではないかと思います。

私の場合は、もっと、もっと、という気持ちが
どこかにあって、モノが増えていました。
もっとこうしたら良くなるのでは、
これがあれば、もっと素敵なのでは、とか。
それでも長く愛用できるものを見極めて
選択するのは難しいことでした。
それはモノに限らなかったかもしれません。

いったん「もっとモード」をオフにし、
重なりあうエネルギーを整理していくと、
いまあるモノゴトをマネジメントできる自信を
取り戻せるようになり、

日常の充実感が増していきます。
ウキウキ、ワクワク、といった刺激的な感覚でなく、
静かに満たされていく感じです。

夢や希望がなくなるわけではありません。
むしろやることが明確になって、集中力が増したようですし、
以前よりアクティブに動けて、あまり疲れません。
何より、エネルギー的な環境として、
クリーンであることは純粋に喜ばしく、
自分はこうせざるをえなかったんだな、ということは、
後になって、はっきりわかりました。

まだまだ判断保留なモノも多いのですが、
いったんは、これ以上できない、というところまで
やり切るのだろうと思います。
リバウンドするでしょうか? どうでしょう。
でも、いま胸に感じる清々しさ、
風が渡るような心地よさをキープしたければ、

たぶんなるべく持たない自由を選択していくと思います。

そのうちまた、ご報告しますね。

「希望の光」YouTube更新しました

最近、時間があるとYouTubeのコンテンツにかかりきりで、
そのほかの更新が滞りがちになっていました。
ほんとに千手観音になりたいです。

毎日サクサク、ブログを書ける人は憧れです

YouTubeといったって動画撮影とか編集とかしてないし、
簡単でしょ、と思われるかもしれないですが、
案外そうでもないのです。

個人セッションの場合は、変成意識でありつつも
ピンポイントに深くダイブしていく集中力と、
記録を残す意識はコントロールしているのですが、
YouTube用のヒーリングは不特定多数の人がお使いになる
ファジーなものになるうえ、テーマ性はありますので、
一定の遠心力をキープする必要があるようなんです。
これは逆、というのは、やってみてわかったことなのですが。
そのコンディションが安定していないと、
ストップして最初から収録し直しを行っています。
つまりオーケストラのリハみたいに何度かチューニングして本番、
本番も上がりにNGが頻繁に出る、という感じです。

私は指揮者というより、ほんの「点」ほどに過ぎませんが、
自分というものが限りなく縮小するにしたがって、
クリエイティブな力が増していく実感は大きく、
よちよちながら、YouTubeをやり始めてから、
個人セッションの内容や、
夢の中での動きも、
以前よりぐっと深化したように思います。

面白いのは、作曲家さんから届くサンプル曲の
アイコンをクリックして開こうとしただけで、
待ちかねたようにエネルギーが沸き起こり、
あ、これはもうできてる。あとはやるだけ。
と瞬時に未来先取りでわかることがあります。

また、SNSでお知らせをしたところ、
記事に貼り付けたサムネイル画像を見ただけで
必要なエネルギー作用を得られた、
と言ってくださった方がありました。
時空間って、ほんとにあるようでないですし、
「私」という存在は、他の方々と繋がって、
小さくも大きくもなるようなんですね。
なんだか、うまく表現できていませんが…
要は…ほんとに、ありがたいことです。

こういったことは特殊ではなく、敏感な方や、
芸術家やスポーツ選手のような方々では
よく体感されているのではないでしょうか。
そうでなくても、最近は潜在意識の働きやスピードが、
以前とかなり変わってきているように感じます。

今日は3月11日。
3.11は日本人にとって忘れることのできない日に
なりました。
そして今も、ウィルス騒動で不安におびやかされる日々。
でも、止まない雨はない、ですよね。

「希望の光」というセッションをUPしてみました。
11本目になります。

YouTubeはじめました

YouTubeでヒーリングのチャンネルを始めました。

個人セッションではスピリチュアル的にかなりディープな
ビジョンが展開することが多いのですが、
こちらはまったく違うアプローチで、
ご自身でセルフヒーリングしていただけることを
目的として始めてみました。

親しみやすいテーマを取り上げ、
ミニセッション形式に仕立てています。
それぞれにヒーリングエネルギーが収録されていて、
音楽とともに展開する趣向です。

途中で眠ってしまわれても構いません。
むしろ眠気に襲われることも多いと思いますので、
運転中や入浴中のBGMにはなさらないでください。

なんだか心が疲れたな、という時や
眠れない夜などに…
気軽にお試しいただけますとうれしいです。
ぼちぼち、追加もしていきます。

チャンネルはコチラです ↓
KOAME channel

ヒーラーとしての視点

ちょっと前に入荷した、ブルーオパールという
ジェムストーンを見ていたら、
ある映画のワンシーンを思い出しました。
タヴィアーニ兄弟監督によるイタリア映画、
「カオス・シチリア物語」という作品です。

ずいぶん昔に一度観ただけなのに、
細部の印象がはっきり残っていました。
ラストでシチリア島の海辺のシーンが出てきますが、
その世界が、ブルーオパールのイメージに重なったのです。

抒情詩的な素晴らしい作品でした。
ほかのシーンの中で、亡くなった母親が語る、
こんな台詞がありました。

「もはや見ることのできなくなった者の眼で、
ものを見なさい。つらいだろうけれど、
物事がずっと美しく、尊いものに思えてくるから。」

そういえば、この台詞に出会った時、
雷に打たれたような衝撃を受けたのでした。
これはどういうことを言っているのだろう、
すごく大切なことなんじゃないだろうか、と。
しばらくの間、頭の中で、この言葉が
ネオンサインのようにぐるぐると
回っていたことを
覚えています。

それからも、折にふれて開く、
記憶の引き出しの奥の方から、
この言葉が鈴の音のように転がり出てきて、
何かを知らせてくれる気もしたのですが、
ちらと気づいてはまた、そのまましまいこんでいました。

でも今こうして向き合ってみると、
ヒーリングをしている時の自分の視線は、
死者の眼差しなのでは、と
あらためて思い当たります。
台詞本来の示唆とはだいぶ違うのでしょうが。

ヒーラーにはいろんなタイプの方がいますが、
よくいわれる「手からエネルギーを出す」という感覚が、
じつは私にはよくわからないのです。
経験を重ねるごとに、自分の手が変化し、
エネルギーグローブを着けているような感覚があったり、
また、方向指示器のように文字通りの「手当て」はしますが、
自分の身体の内側から手を通してエネルギーを流す、
という感覚は、最初からありませんでした。

そのような方法で、手から素晴らしいエネルギーを流される
ヒーラーさんも数多くいらっしゃいます。
人それぞれに違うと思います。
ヒーリングの手法にオーセンティックなものなんてなくて、

むしろ常にアヴァンギャルドであっていいと思いますが、
もしかしたらそこには、3次元に対する視点の違いが
あるのかもしれない、と考えたりします。

私の場合はレイキであっても、流し始めると、
なんとなく時空がグニャ、とゆがむ感覚が起きます。
まるで映画のスクリーンがたわみ出すみたいに。

ヒーリングする、という行為に関しては、
宇宙との二人羽織をはおるようでもあり、
同時に幾重もの鏡に向かうようでもあります。

エネルギーは私の身体と関係なく生じ
総体的な有機物のように動き、

眼は対象次元の中に入り込むことなく、
死者のように、いずこからか見ているのです。

また、別のパターンでは、
クライアントさんと私とをゼロポイントとして、
まわりをエネルギーが激しく旋回したり、
中空でらせんが上下することも多くあります。
それはまるで、洗車機の中にいて、
車内でおとなしく待っているような状況です。
私たちは動きのない静寂のポイントであり、
ヒーリングが起きているのは、そのポイント以外の
すべてではないか、と感じます。

死者の視点、というとユーレイさんをイメージして、
気味悪く思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
そういう世界観とは異なります。

世界のありようを、内的体験から直視しようとする時、
「もはや見ることができなくなった眼として見る。」
ことを、私が望んで選択しているのだろうと思います。
自我のメガネをはずし、純粋な裸眼を見開こうと。
映画の台詞が心に刺さった時すでに、
そうしようと決意していたことだったのでしょう。

それはともかくとして、
忘れがたく印象に残った言葉、というのは、
誰しもあるのではないかと思います。
時々は古いものも取り出して、ホコリを払い、
じっくり見直してみてはいかがでしょう。

意外にも、今のあなたを決定的に風味づけしている、
重要なスパイスの1つ、であるかもしれません。

「カオス・シチリア物語」予告篇

魂の落としもの

ヒーリングセッションの中で現れてくるビジョンについては、
そのままクライアントさんにレポートをお送りしていますが、
あくまで主軸はエネルギーヒーリングと考えていますので、
ビジョンの内容に基づいてカウンセリングのように
解説することはありません。

お送りするレポートを基に、その方はその方の、
私は私の宇宙観を持って感じ入り、
羽ばたかせるイメージがあり、
それは似ていたり、似ていなかったりします。

とてもパーソナルなものですので、セッション例として
ご紹介するということは、ほとんど稀ですが、
先日、ちょっと思うところがありましたので、
クライアントさんのご許可を得て、こちらで一部
内容に触れさせていただきます。

セッションの中で、ある過去生的なストーリーを見ました。
といっても年代的にはクライアントさんの人生に
オーバーラップしている時間があるようですし、
一般的な輪廻転生の概念に基づいてとらえてはいません。
(セッションでは未来やSFファンタジー風のビジョンも頻出します。)

またこれを事実として信じるというより、
妄想だろう、という程度に、
お読みいただく方が良いと思います。
少なくとも各個人のバイアスは必ず入るからです。

最初のビジョンで、
大きな目をした健康的な赤ちゃんが見えました。
アメリカ人の男の子でした。
すぐに、5歳くらいの姿になり、利発そうな様子と
平凡で平和な家庭での暮らしぶりが伝わってきました。
しかし場面が移ると、すでに青年に成長していて、
彼がベトナム戦争で両目と両脚を失って帰還した、
ということがわかりました。

負傷される前の、ポートレート写真も見せられました。
この輝く目が奪われてしまったのかと思うと、
とてもやるせない気持ちがしました。

彼にはストイックで強靭な精神力があり、
帰国後も自立した生活を営み、
表面上はとても明るくタフに生き抜いた、
と見えました。

でもその影では、深いトラウマ、精神的な後遺症に
ずっと悩まされ続けていました。

激しい爆撃を受けた時、その凄惨な修羅場の中で、
彼はイエス・キリストの名を叫び続けていました。
「僕に信仰心がなかったら死んでいたよ。」と聞こえます。

この生き地獄であれば、何かにすがりたい、
という気持ちはよくわかる、と思いました。
負傷したり、あえて言えば、死んだりする、ことよりも、
経験することの方がずっと受け容れ難い、
人としてそういう過酷な状況に直面したとしたら、
その強度に耐え、支えられ得る唯一のものが
どのような信仰心であったとしても、
それについて私が共感できない、
などと言えるでしょうか。

ただ心からうなずくことしかできません。

今、彼には無念さも何もなく、
すでに浄化された状態だと感じましたが、
この恐怖の記憶だけが、時空の一点に
取り残されている、
と思いました。

その記憶に静かにヒーリングをしていきました。
ジャスミンのような白い小さな花が

大地を埋め尽くしていくようなビジョンを見ながら。

はっと気づいた時、軍服姿の彼が目の前に立っていて、
私の手をすっと握って消えていきました。
その感触が非常にリアルでした。
弾かれたように突然、私は泣き出し、
しばらく嗚咽が止まりませんでした。

戦争の悲惨な場面は確かにショックで、
それはそれで泣けるのですが、
どこか映画のシーンを垣間見る感覚です。
むしろ、この強烈な記憶のフラッシュバックに
苛まれながら生ききった彼の労苦と、
最後には経験を超越していく人間の尊厳の方に、
圧倒的な存在感と感動がありました。

ところが目の前に現れた彼は、どちらかというと
「落とし物を片づけにきたよ。」くらいの
爽やかで気軽な雰囲気でした。
今ではもう、その記憶は僕のものではないけどね、
というような。

沖縄では、びっくりしたり、心が大きなダメージを受けると
「マブヤ(魂)を落とした」などと言って
戻すための儀式があると聞きます。
魂はもちろん物理的に分離するものではないので、
これはどういった比喩だろうか、と
考えていたことがありました。

個人的な想像でしかありませんが、
「魂が抜け落ちた」というのは、
一部データの、ある次元における残留であって、
IT用語でいう「キャッシュ」に近いようなものではないか、
と思うのです。

消去されないまま更新されず干渉し続け、
異なる時空に至って読み込まれてしまう情報。
浮上してくる問題を、そんなふうにシンプルにとらえれば、
ヒーリングの実際とは、ほとんどの場合、
データの修正・修復作業だろうと
考えることができます。

輪廻転生の仮説にロマンを感じる方々には
味気ないような話ですが。

ただ、人が握りしめている記憶が、
自在に修正もできる
閲覧履歴のようなものだとしたら、
今という新しいキャンバスに、もっと自由に絵を描ける、
そういう可能性のひろがりを感じないでしょうか。

おそらく、そんなに簡単じゃないよ!
と言われてしまいそうです

それも人生の醍醐味といえるかもしれません。
でも力をこめて握りしめるほどに消去は難しく、
ネットワークの関係性の中で、
幾度も修正の機会が試みられる、
ということになるのでしょう。
あらゆる次元を超えて。

私たちは時にそれをカルマと呼んだり、
思いもかけない場所で、
何かに導かれたような縁に驚いたり、
夢を通してでさえも、
知らず知らず経験を与えられ、
有機的にプログラムを修復させようと
しているのかもしれません。

この壮大な魂の旅路を思い描くことこそ、
簡単なことではないでしょうが、
すべては繋がっていて、きっと意味があるのだろう、と、
強く握りしめていた手を、ふと、ひろげて見る時、
指の間からさらさらと…マボロシがこぼれて、
消えていくこともあるのです。