ライトワーカーとの遭遇

いつも通う近所のスーパーマーケットで、
レジにちょっと気になる店員さんがいました。
あ、男子ではないですよ…(笑)

失礼な言い方かもしれませんが、親しみをこめて言えば、
「レジで見かける普通のパートのおばさん」
そのもののイメージを絵に描いたような人でした。
お孫さんがいらっしゃるかも、くらいのご年齢に見え、
メガネをかけ、慎ましやかな微笑みを浮かべた
ごくごく目立たない感じの女性でした。

「袋を分けましょうね。ペットボトルって重たいですよね。」と、
優しい言葉をかけられて、ハッとしたのが最初でした。
マニュアル通りではない、とても心のこもった口調と声に、
夕方の疲れがすぅっと消えていくような気がしました。

それからその方がレジにいるのを見ると、
どんなに人がいても「あのおばさんのところに行こ。」と
並んでしまっていました。

特に人あたりが良いとか手際が良い、というのでもありません。
話しかけてこられることも少ないのですが、
ただ、1つ1つの作業に気を配り、物を丁寧に扱う手つきに、
人となりが感じられ、いつも何気なく見とれていました。

ものごとというのは、細部にフォーカスしていると、
だんだんリアリティがうすれていくのです。
カゴからカゴへ優しくそっと、品物が移されていく様子を
じっと見つめていると、スローモーションのように
そこだけが浮き上がるような、異次元的な様相に感じられました。
そのとき私はおそらく「いま・ここ」のポイントに
入っていたのでは
ないかと思います。

会計を済ませて場所を移り、買ったものを袋に入れながら、
「あの人なんだろう、とっても癒される人だ。」
「あんなふうに年を重ねられたら。」とか、
なんとなくぼんやり思うのですが、スーパーを出る頃には
たいてい忘れてしまっていました。
あたり前の日常というのは、永遠に続くと思うものです。

ある時から、その方を見かけなくなりました。
お名前も知らないし、どうされたのか尋ねるほどに
何があるというわけではありません。
でも、辞めちゃったのかな、と思うと、
急にさびしく残念な気持ちがしました。

その方の姿がないレジコーナーは、
心なしか照明が暗くなり、温度も下がったようにさえ
感じられました。
そういえば、いつもふんわりと光っていらした、
あの人こそ本物のライトワーカーだったのではないだろうか、
などと後になって思ったりしました。

それは私の勝手な想像ではあるのですが。
一生涯、ライトワーカーなんて言葉を知ることもなく、
スピリチュアルな世界に興味を持つこともなく、
でもただそこにいるだけで、人に力を取り戻させ、心を整わせる…。
本当に霊格の高い存在であれば、そんなふうな人生を
選ぶことがあるかもしれません。

もともとライトワーカーといっても選民的なもので
あるはずもなく、本来はみんな同じだと思うのです。
ですから、じつはあの人のおかげで気づきがあった、
と、自分から思うのであれば、
それはその人にとってライトワーカーだったと
考えても良いのではないでしょうか。

思い返せば、一度だけ私から話しかけたことがありました。
ハロウィンの時期に、店から指示されたのでしょう、
カボチャの帽子をかぶっておられたので、
「帽子、かわいいですね。」と言ったら、
ちょっと肩をすくめて、目を細めて笑っていらっしゃいました。
童話の中に出てくる “よい魔法使い” みたいな笑顔でした。

今もどこかで、同じ笑顔で人々をホッとさせ、
さりげなく魔法をかけているに違いありません。

私の妄想はさておき、あの素敵な方の人生が、
このあともずっと、お幸せなものであることを、
ひそかに願うばかりです。

クンダリーニレイキ ミレニアム

アチューンメントのメニューの1つ、
クンダリーニレイキをアップデートしました。
Kundalini Reiki Millennium

長年ずっと、連番のバージョン番号がついていたのですが、
このたび、“クンダリーニレイキ ミレニアム”と名前が変わり、
大きなアップグレードが行われました。
それにともない、これまで3つのレベル、3回のアチューンメント
を要していたものが、1回のアチューンメントで、
すべてのプロセスが順次実行されるようになっています。

実際に扱ってみても、なるほど名前が変わるだけあって、
桁違いなパワーになった、と思いました。
松果体とエネルギー経路への体感が強烈で、
まるで遠心分離機にでもかけられたかのように、
不必要な詰まり、ブロックが雲散霧消してしまう感じがしました。

そして、より“開かれた” という感覚を味わっています。

クンダリーニレイキは年に数回バージョンアップが起きます。
アップグレードは必須ではなく、各自の心のままに選択できます。
旧バージョンのままお使いいただいていても全く問題はありませんが、
今回は特に、クンダリーニレイキをお使いの方はもちろん、
臼井レイキなど、ヒーリング方法を実践してみてはいても、
いまひとつ実感できない、という方にもお試しいただきたい、
エキサイティングなバージョンアップになりました。

クンダリーニレイキは近年ますます素晴らしさを実感します。
シンプルで、バランスがよく、安定感があり、
パワフルなヒーリングツールであると同時に
着実な自己開発を促す優れたシステムだと思います。
そして地球の変容と共に、加速度的に進化し続けています。

フランキンセンス&ミルラ

オンラインショップANDROMEDAにて、
フランキンセンスとミルラのレジン(樹脂)と、
レジンインセンスのスターターキット、
「魔法の小鍋セット」を発売しました。

フランキンセンス《乳香》とミルラ《没薬》は、
どちらも木の樹脂です。
聖書の中で、東方の三賢人が幼子イエスへの捧げものとした
エピソードが有名ですが、地球上のあらゆる地域で、
何千年もの昔から、聖なる儀式の場において、
あるいは精神、感情、肉体の穏やかな癒しのために
用いられ、珍重されてきました。

ジュエリーやクリスタル、タロットカードやオラクルカード、
空間の浄化に。日々のお清めや瞑想用にお使いいただけます。

ショップブログの方では、こだわりの詳細をご紹介しています。
https://andromeda.theshop.jp/blog

宇宙を支配する数式

「朱に交われば赤くなる」ということわざは、
人は周りの人間関係や環境に影響されやすい、
という意味でよく使われますよね。
でも反対の意味で「泥中の蓮」という言葉があるように、
周りがどうであれ、染まらずにいる選択というのもあります。

無意識にも注意を向け、同期するものごとによって、
人は刻々と変容している、ということはいえそうです。
人間関係に限らず、情報やモノ、本や芸術、もちろん食べ物も。

私自身は、動物、鉱物、植物といった自然界のエネルギーに
かなり助けられてきましたし、
高波動な人や場所のエネルギーに同調させてもらうことでも、
少しずつ変化の機会をいただけたと思っています。

でも人工的に作られた高波動グッズ、みたいなものには、
あまり手を出してきませんでした。
それらは確かにハイパワーであっても、
制作者のエゴを感じたり、なんとなく単一栄養素みたいな感覚で…
ホリスティックな感じがしないものが多かったからです。

ところが先日、私の好みを熟知しているAmazonさんが、
こういうの好きでしょ、とおすすめしてくれた中に、
「宇宙を支配する数式リング」というものがありました。

見た瞬間、フリーズしてしまいました。
なんだ、この、ものすごいエネルギーは…。

それは大阪大学の教授で物理学者の橋本幸士先生らが作られ、
大学生協で販売されたアイテムということでした。
ただ物理学にとって重要な数式が刻まれているリングです。
高波動をうたったグッズでも何でもありません。

好奇心から、よく説明も見ずにポチりましたが、
届いたリングを手にしたとたん、そのままベッドに倒れ込んで、
半日近く動くことができませんでした。
(※これは私が異常体質なためと思われます。
ふつうはたぶんそんなことにはなりません。)

巨大な図書館かオペラ座か何がのしかかってきたみたいでした。
いえ、重さ、圧力はないのです。軽い。純粋。有機的でもある。
しかし、とてつもない情報量で、マイコンピューターはエラー大点滅!
という状況だったのかもしれません。
起きた時には、熱に浮かされた後みたいに汗びっしょり。

そしてこれ以来、この数式は私について回るようなのです。
振り返ると、そこに数式…(笑)
要は、わけもわからず、その数式に魅せられてしまったのだと思いますが。

そもそも私は足し算引き算もおぼつかない、バリバリの文系女です。
一念発起して橋本先生のご著書も拝読しました。
気づきもあったのですが、ほぼ理解できず…。

悔しいので、リングを首からぶら下げたまま
(リングは21号のみで、女性の指には向いていません。)
何とか糸口を見出すべく、書店の「理学」コーナーをウロウロしました。

それにしても「精神世界」の書棚に潜む魑魅魍魎ぶりに比べると、
数学、物理学、天文学などの本が並ぶ「理学」のコーナーは
素晴らしくクリーンで美しいエネルギーなのです。
よく、スピリチュアルなんて非科学的、という人がいますが、
エネルギー的には、科学って超絶スピリチュアルかも…と、
あやしくつぶやいてしまいそうでした。

刻印されている数式は「素粒子の標準模型の作用」に
「アインシュタイン・ヒルベルト作用」を加えたもので、
宇宙のほとんどすべての現象を記述できるといわれています。
現時点で、現代物理学の金字塔といわれる数式なのだそうですが、
ただ暗黒物質など、一部の現象については成り立たず、
まだ発展途上ではあるということです。

リングは、キャッチーなネーミングもあってか、SNSで注目を集め、
Amazonでも人気商品になっているようですが、
いわゆる願望成就みたいな効力はなさそうに思います。

ただ、おそれ多くも、あえて言わせていただくなら、
“人類の希求” を凝縮したような力、に
多少なりとも影響されることは、あり得る気がします。

私がなぜ、このリングにここまで反応しているのか、
残念ながら、その理由はまだわからないのです。
ただ数式すべてを理解することは難しいですが、
ものの見方を新しくしていくことはできます。
もしかしたら、それを知らせるために来てくれたのかも、
などと思いながら、ほんの少し、新しい扉を開き始めています。

 

 

 

 

 

「宇宙を支配する数式リング」は色違いもあります。

涙のヒーリング

現在、ヒーリングセッションは遠隔をご希望いただくことがほとんどです。
じつは遠隔で良かった、と思うことが時々あります。
セッション中によく泣いてしまうからです。
それも涙ぐむくらいならまだしも、号泣する、泣き崩れる、
ということがけっこうあるのです。
共感能力(エンパス)によるものであっても、
浄化されたヒーラーであれば、感情的に共鳴しないのでは、
というご意見もあるかもしれません。

でも、そうした場面に遭遇して涙を流さないような人間には
絶対なりたくないなぁ、と思ってもいますので、たぶん、
これはこれで、私が選択していることでもあるのでしょう。

壮大な愛のエネルギーや、宇宙の素晴らしさ美しさに
心が震えて涙が止まらない、ということが半分くらい、
クライアントさんの過去生のストーリーに泣かされてしまう、
ということが半分くらいでしょうか。
ヒーリングセッションにティッシュペーパーは欠かせません。

最近では、楽しく、軽やかに、という生き方が推奨されていますし、
今の時代にはふさわしいと私も思っています。
生きていれば喜ばしいこと、楽しいことは限りなくありますし、
愛ある心が、人々との繋がりをつくり、
味わい深い経験を生み出すと考えてもいます。

しかし、そうであっても、人として生きるというのは、
そもそも、せつないことのように思うのです。

ヒーリングにおいてクライアントさんの過去生のビジョンに入ると
思考感情を、かなりリアルに感じます。
「こうするしかなかった。」
「その時にはそうとしか思えなかった。」という、
制限の中でもがく人の思いにぶつかる時、
それがどれほど、よろしくない行為、選択であっても、
批判したり裁く気持ちには、私はなれません。
ただ、ものすごくせつなく、一緒に泣いてしまいます。

それでも、どれほど涙を流そうとも、ヒーリングエネルギーが展開し
変容が起こるのを、結局は見届けることになります。
終わればいつも夢から覚める感じになり、
観た映画のストーリーを思い出すようにしながら、
シェアレポートを書いています。

以前にも書きましたが、時間という概念を離れれば、
過去も現在も未来も、時系列の物語は錯覚でしかありません。
私たちは毎瞬、別の生という幻想のデータに繋がり影響を受け、
そのせつなさをコピーしながら、そしてそれゆえに
成長の実感をかみしめながら、物語を生きているように思います。
人は生きる物語、オデッセイそのものだとも見えます。

その仮定において、ヒーリングは治癒、癒やしというよりも、
物語のバージョンアップであり、ストーリーテリングは、
極言すれば常に現在進行形、書き換え可能なオープンな状態だと
私は考えています。

過去生の物語を好奇心から知りたいと思うこと自体は
構わないと思いますが、
それによって限定される感覚があるとしたら、
何かが間違っているという気がします。

それは信じたり信じなかったりするものでなく、
潜在意識から浮かび上がった、たとえ話のようなものです。
自由になり、解放されるためにもたらされるのであって、
狭い枠にはめられるような話であれば、
カルマと言われようと何だろうと、
エゴの作り話だと、笑い飛ばしてしまえば良いのです。

「過去生では偉大な人物だった。」
「前世で自分はひどいことをしていたらしい。」と
その物語にどぷんと浸っておられる方にお会いすると、
コメディよりシリアスドラマがお好きなんですね~、
などと、ちょっとからかいたくなってしまいます。

私たちはこの現実、今という生身の時に生きていて、
この瞬間にまさるものはありません。
それはそれ、これはこれ、軸足はここ、
というバランス感覚をキープしながら、
自由に考えを飛翔させる必要があると思います。

ただ、少し角度を変えるだけで、
まったく違う景色が見えるのと同じように、
少し視点を変えるだけで、
現実という物語はくるりと様子を変えることも確かです。

“気づき”というのは本当に大切なものです。

ヒーリングの中で涙の物語を共有し、それをお伝えする時、
私はなるべく解釈を挟まないようにしています。
フィクショナルな体験としてでもいい、
いったんはその世界に入っていただけたら、と思います。

そこから気づきを得られたことなど後でうかがうと、
人生の尊さ、ありがたさに私自身も気づかされ、
ふたたび涙があふれてきたりします。

そういうわけで結局、
しょっちゅうウルウルしてばかりいるようです。