マイ・インターン

今さらですが、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ主演映画
『マイ・インターン』をネットで観ました。
ずっと前に2人の
インタビュービデオ
を観て

感銘を受けていたのですが、映画は見逃していました。
ロバート・デ・ニーロ扮する70歳のシニアインターン、ベンが、
アン・ハサウェイ演じる若手社長ジュールズのアシスタントとなって、
公私ともに難題を抱える彼女に適切なアドバイスを与え、
やがて信頼関係を築いていく、というストーリーです。
予想通りの展開であるにもかかわらず、ハートフルで楽しめた作品でした。
俳優陣の好演は言うまでもないですが、脚本も良く、ベンにジュールズが
「どうしていつも、そんなにいい言葉が出てくるの?」と言うセリフには、
思わず、うんうん、とうなずきたくなってしまいました。
ベンの言葉も行動も、特別なものではありません。
ただ、ごくふつうに、人として、あたり前の努力を重ねて、誠実に生きてきたからこそ、
配慮ある適切な言動が自然に表せるようになった、という描かれ方です。
若い頃には、人に気のきいたことが言えず、もじもじ、もそもそ、後からもんもん…
ということは誰にでもありますよね。
「何と言ってあげたら良いんだろう。」「もっと何か言えたはずなのに。」と
自分を情けなく感じたり…。
まぁ、若くなくても、きっと一生そんな思いは多少ついてまわるのでしょう。
言葉が言葉としてある限りは。

でもじつのところ、人間って、そういう淡い切なさが、心を育てるんじゃないでしょうか。
たとえば、上手く言えなかったけど、でも、あの人元気になるといいな、とか、
うまくいくといいな、とか。
結局言葉にできなかったとしても、その人のためをそっと思う、というのは、
人間のすごく魅力的なところだと思います。
心のヒダはたぶん、ちゃんと増えているはずです。
(そして、エネルギーレベルでは、すべて伝わっているわけです。)

言葉の壁の前でもがく毎日なようでいて、でもいつの日か、さり気なく
人の心を暖かくする言葉を口にできるようになっているかもしれません。
その時すでに、ヨーダのように年老いていたとしても良いではないですか。
それはそれで、とても豊かな、成功した人生といえないでしょうか。

味わうということ

ふだん食事には少しは気を使っている方なのですが、忙しいとつい簡単に済ませたり、
外食に頼りがちになってしまいます。
きちんとしたものを選ばないでいると、すぐに心身ともに疲れてきます。
時には食物のエネルギーに働きかけることもしますが、
そこまでしなくても、誰でも、ただ食物や水に感謝し祝福するだけでも、
そのエネルギーは変化していきます。

感謝祝福といっても、いつもいつも「この食物を私にもたらしてくれたすべての人々に、
動物たち、植物たち、地球の大地と海に太陽に、そして自分自身に感謝いたします。
これらのものがより良い形で私の血となり肉となり…」ブツブツ…などとやっていたら、
なかなか食べ始めることもできません。

先日、ある方から「赤ちゃんが食べながら『アムアム、ン〜ン〜』という声を出すのは、
インドの聖音a、u、mに通じる音韻で、祝福しているのだ。」という話をお聞きしたため、
さっそく、「アムアム…」などと心の中で呟きながら(さすがに声には出せず…)
堪能しつつ食べてみたところ、確かにこれは祝福してるんだ、という感覚がありました。
大人でもよく、美味しいと「ン〜、ンマ~イ!」とか、うなってしまうことがありますが、
ちょっと似ていますね。
ほんとに美味しくなければ、出てこない声です。

実際には、赤ちゃんを真似る必要もないのですが、ただ、無意識に食べるのではなく、
ほんの少し意識を集中して向けてみるだけで、食べ物をより深く味わうことができ、
自分のエネルギーになめらかに力を与えてくれる感じがありました。
よく「人生の機微を味わう」と言いますが、食物に限らず、
味わう、ことはやはりとても重要で、
人生の旅路を一瞬一瞬、祝福することでもあるように思います。
なにはともあれ、人生、美味しく楽しく食べなくちゃ。

タリスマンについてのご案内

タリスマンについて、ご案内をいたします。
宝石のお守り“タリスマン”は、素材に宝石のルースを採用しています。
よくリングやペンダントなどで、カットされ磨かれた宝石がついているのを
ご覧になることがあると思いますが、金属の土台に乗せられる前の、
宝石のみの素材をルース(裸石)と呼びます。

クリスタルショップなどでは、小石ほどの大きさの磨き石を、タンブルまたはルース
として見かけますが、稀少価値の高い小さな宝石のルースそのものは、
宝石店でもあまり目にされることがないかもしれません。
私がセレクトするものは、ほとんど1cm前後の小さな宝石です。

カットされた宝石ルースを使うのは、まず何より宇宙的に均整のとれた
ジオメトリックな美しさを感じるからです。
透明で澄んだ光を放つもの、あるいは色の彩度や明度が高く輝くものには、
人の心を奮い立たせる力があります。
そして自然の美しさに触れると、人のハートは開かれていきます。

美しい宝石には、そもそもそれだけで強力なエネルギーがありますが、
おもに幾何学的にカットがほどこされているものは、
私のエネルギーワークとの親和性がより高いと感じます。
設定をすることによって、各種のエネルギー、ライフフォースが、
その方のためだけのタリスマンに仕上げていきます。

私自身は、長くジュエリー関係の仕事に携わってきましたので、
審美性という点でも特に素材にこだわったものを選んでいます。

お申込みはメールで承ります。
その方のエネルギーが重なり映るような宝石を1点お選びいたします。

現在、1ヶ月前後、お待ちいただいています。
金額は20,000円~ ご予算をうかがいまして、その範囲内でお探しいたします。

宝石のご用意が出来ましたら、実際にご覧いただき、
その場で、タリスマンをおつくりします。

タリスマンはそのまま、ケースに入れてお渡ししますが、
リングやペンダントトップなどへの加工も承ることができます。
別途ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。
koameyamaguchi@gmail.com (@を半角にしてください。)

野良犬ジョン

昨年の暮れ、地下鉄の中でたまたま隣り合わせた素敵な女性と知り合うご縁があり、
数日後、その方(Aさん)から、あるお話をうかがうことになりました。
20年近くも前、Aさんが一時期過ごされていた北陸のある町では当時、
野良犬の集団(半数程は放し飼いの犬)がよくいたそうです。
動物好きなAさんは、ある野良犬グループに親しみを感じ、時々パンをあげたり、
交流を楽しんでいたといいます。

特に可愛がっていたのは片脚の悪い黒い犬で、女の子なのに青い首輪に「ジョン」
という名前があったそうです。どこかに飼い主がいたのでしょう。
しかしジョンは近所の家の軒下で子どもを産み、
通行人を威嚇したことから保健所に送られてしまいます。

Aさんがそれを知って保健所に連絡した時には、すでにジョンは処分された後でした。
Aさんは、ご自身が中途半端な可愛がり方をしたために、ジョンに残酷な死なせ方をしてしまったと、
そのことを「忘れてはいけない心のくさび」だとして深い自責の念を持ち続けていらっしゃいました。
ジョンに穏やかで幸せな魂になってほしい、と私にヒーリングを依頼してくださいました。

セッションではジョンの魂にすぐに繋がりました。
生き生きと明るい、満ち足りた雰囲気が伝わってきました。
Aさんのお気持ちを伝えたところ、ジョンは
「Aさんのような人がいたからこそ、人間を好きでいられた。」と言っていました。
そして、「あの町での暮らしは、けっこう楽しかったし良い犬生だった、
今も何の問題もないよ!」とぴょんぴょん跳ね回って伝えてくれました。

でもその時、ジョンが捕まって連れていかれた時の、その恐怖の映像が、
サッと浮かんで見えました。とてもショックではあったのでしょう。
今はもう何の影響力もない情報でも、どこかに残っていたのだと思います。
そこはクリアにしていきました。

それからジョンは、Aさんに心からの感謝を伝えてきました。
それは深い深い、あたたかい感謝で、まるで霧のような慈雨が、空間をさわさわと濡らし、
微細な輝きで満たしていくようでした。

ジョンにはヒーリングは必要ではありませんでした。
ヒーリングが必要なのはAさんでした。ジョンにはわかっていたのです。
ジョンの力を借り、Aさんのハートを癒してあげようね、と言って、
そのご記憶にヒーリングをさせていただきました。

私たちは愛しい動物が天国に行った後でも、つい後悔したり心配してしまいます。
でも動物たちは、受け入れることにかけては、人間よりずっと早いようです。
天界でのサポートもたくさんあるのだと思います。
ただ彼らは、好きな人に笑顔でいてもらいたいと思っています。
愛してくれた人間を自分のせいで悲しませることは、彼らにはとてもつらいのです。

ジョンが死んだのは、Aさんの責任ではありません。
しかし優しいAさんは長い間、「心のくさび」を引き受けていらっしゃいました。
ジョンは感謝とともに、そのくさびを外してもらいたかったのだと思います。

地下鉄でのAさんとの出会いは、ジョンがお膳立てしてくれたのかもしれません。
そして今、このようにささやかな文章を書きながら、やはりこれも、
ジョンが書かせてくれているような気がしています。

雪の結晶

「雪は天からの手紙である。」とは、物理学者の中谷宇吉郎による名言ですが、
これは詩的な表現ではなく、雪の結晶を観察することによって、
雪が生成した時の上空の気象条件などがわかる、
つまり雪には情報が書き込まれている、という科学者としての言葉だったそうです。
自然の美と科学的考察の両方に魅せられ、生涯を雪と氷の研究に捧げた中谷宇吉郎の随筆は、
文章に透明感があり、何度読んでも心打たれるものがあって、たびたび愛読しています。

最近、彼の作品「雪」の中で紹介されていた、ウィルソン・A・ベントレーという
アメリカの農夫が撮影した雪の結晶の写真集 “Snow Crystals” を入手しました。
ベントレーは15歳の時に顕微鏡で見た雪の結晶の美しさに感銘を受け、
そのほぼ全生涯を、雪の結晶の観察と撮影に費やした人です。

学者でもなく写真家でもなく、デジタルカメラもなかった時代に、農業の傍ら、
ひたすら撮影し続けた雪の結晶の写真は6千種にも及んだといいます。
そして晩年、1931年にこの写真集を出版し、一躍名声を得た直後に急逝されています。
この独特にまぶしい写真集を見ていると、また別の意味で、
雪は宇宙からの手紙、ではないかと感じます。
私たち人間が皆それぞれ違うように、雪の結晶も1つとして同じものはないといいます。
これほど美しいものが次々と生み出され、手に触れれば瞬く間に溶けて消えてしまう…
この圧倒的な神秘の前には、ただ驚嘆することしかできません。
しかし一方では、そこには何か、人を極めて内省的にさせるもの、
誰の内にもある純粋さに気づかせてくれる何か、が刻まれているように思います。

現在、ヒーリングセッションに雪のエネルギーを取り入れています。
降る雪、積もる雪、純白の雪、静謐な雪景色…。浄化の性質はいうまでもありませんが、
雪の結晶のエネルギーはまた少しニュアンスが違うと思います。
それは幾何学模様とも似て非なるもので、1つ1つは違っていても、
ひとつの意思に連結され、有機的な集合体として動く群れのようです。
そのエネルギーは内なるものを純化させる光、音なき音楽、言葉なき手紙のようです。
それらは静かに語りかけてきます。

そうした領域に繋げてくれたのも、この写真集のおかげです。
ベントレーという人の純真さ、ひたむきさ、おそらく少しも偉そうでなかっただろう、
その偉大なる人生に、尊敬と感謝を捧げずにはいられません。
彼が撮影した雪の結晶は、YouTubeでも少し見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=x8HYqUjbKeM

ヒーリングセッションの中で、雪の結晶のエネルギーを希望される方は、
お申込みの際に、お知らせください。